やってはいけないNG習慣「玄関」①

玄関は気の出入り口で、良い気も悪い気も入ってくる量が一番多い場所です。

 

良い気をたくさん呼び込み悪い気を寄せ付けない、ちょっとした法則を知っておきましょう。

 

玄関から良い運気を入れるキーワードは、

  • 明るく
  • 清潔
  • すっきり

 

です。

 

風水生活をするうえで、最も重要場場所が玄関です。

幸運の神(良い気)は、その家に入るか入らないかを第一印象で判断します。

つまり、ドアを開けて「明るく、清潔、すっきり」した玄関なら、ここは居心地が良さそうだと入ってきますが、「暗く、不潔で湿気が多く、ごちゃごちゃ」した玄関だと去って行き、不運の神(悪い気)が寄り付き、居座り始めます。

 

気の性質は変化しませんので、良い気と悪い気、どちらが入ってくるかが重要になります。

 

良い気を呼び込むには、白い布で水拭き掃除をマメに行い、盛り塩を置き、鏡と生け花を飾ると良いですよ。

 

981687c8e995de4c6d8f1d0e64f38e78_s

 

また、玄関に靴を出しっぱなしにすると、良い気が入ってこなくなり、悪い気が充満していきます。

 

靴は、外の世界の汚れ、自分の足の汗や汚れなどの悪い気が付いているものです。

 

なので、たたきに靴を出しっぱなしにしていると、悪い気が充満して、良い気が入ってこなくなります。

たとえ綺麗に並べていたとしても、「出しっぱなし」というのがNGです。

帰宅後の靴は底の汚れを取り、外側を軽く拭いてから下駄箱にしまいましょう。出しておくのは来客時にすぐはける1足まで。

 

新品の靴も出しっぱなしでは埃が溜まり、悪い気がつくので、下駄箱にしまいましょう。

 

玄関を小まめに清掃することは風水では大原則ということを覚えておいてください。