やってはいけないトイレの7つのNG習慣!たったこれだけで運気が上がる開運トイレになりますよ

その他のトイレのNG習慣についてお伝えしていきます。

 

これらの事をトイレで行うと運気が下がりますので、注意してくださいね。

 

 

1.トイレの便座の蓋を閉めていない

排泄物を出すトイレの便座は、常に悪い気をたっぷり溜め込んでいます。

その為、日頃から便座を開けっぱなしにしていると、そこから悪い気がドンドン家中に広まり、その悪い気が人にも悪影響を与えてしまいます。

同じように、トイレのドアを開けっぱなしにするのも厳禁です。

もちろん、用を足すときは開けないとできませんので、それ以外の時は常に蓋を閉めて置き、悪い気が溜まらない様に換気もしっかりと行うようにしましょう。

 

2.トイレで電話やメールをする

トイレの中は悪い気が付きやすいので、基本的には長居は禁物です。

ついつい、トイレで他の事をしてしまいがちですが、トイレで電話やメールなどをすると、マイナスな気持ちが強くなり相手との仲が悪くなりやすいです。

 

特に、恋人との電話やメールは喧嘩になりやすいので控えましょう。

また、大切な物や大事な人にまつわるものもトイレに持ち込むのは厳禁です。

二人の間に悪い気が立ちこもりますので、好きな人の写真をトイレに貼るのもNGです。

トイレは、用が済んだらすぐに出るようにしましょう。

 

3.トイレマットやスリッパが無い

トイレマットもスリッパも、悪い気が溜まりやすいトイレに良い気をもたらせてくれる大切なアイテムです。

しかし、悪い気が付きやすいので、スリッパはトイレ専用の物を用意していください。

また、頻繁に掃除すると、良い気を増やしてくれますので、汚れが目立たなくても小まめに洗濯するようにしましょう。

 

4.トイレの色を黒やモノトーン色で揃えている

黒や紺、モノトーンなどの色は、悪い気を倍増させてしまいます。

黒やモノトーンでまとまった部屋などは、オシャレなイメージもありますが、開運効果としてはNGです。

 

健康運をアップさせるならアイボリー

金運なら黄色

人間関係の改善にはオレンジやピンク、パステルカラー

などの色を足して、明るい雰囲気を演出してください。

 

5.ごちゃごちゃと色々飾っている、置いている

物からも色々気が出ていますので、狭い空間に物がゴチャゴチャと色々置かれていると、気も乱れやすくなります。

トイレはただでさえ悪い気が充満しやすいので、気がさらに乱れて、物にも悪い気が付いてしまいます。

トイレにはあまり物は置かないようにしましょう。

 

6.トイレに窓が無い

窓が無いトイレは悪い気が溜まりやすいので、アパートやマンションを選ぶ際は、トイレに窓がある部屋をなるべく選びましょう。

設計上どうしても窓が付けられない、既に窓が無い部屋に住んでいる方は、換気を十分に行い、悪い気を追い出すようにしてください。

 

7.トイレでタバコを吸う

トイレでタバコを吸うと、トイレの悪い気をさらに増やしてしまいます。

その為、トイレではなるべく禁煙に努めてください。

部屋ではタバコを吸えない、家族からの目が・・・・いう方は、できれば外で吸うようにしましょう。

どうしてもトイレで吸いたい!

トイレで吸うのが一番落ち着く!

トイレ以外、吸う場所が無い!

 

という方は、換気はもちろんですが、ラベンダーやセージなど、邪気を払う香りで場を清めるようにしてください。

 

 

自分と家族の運気を上げたい方は、これらの行動には十分注意して、快適にトイレを利用してください。

 

 

おうちの中から運気を上げたい方は

▼ ▼ ▼ ▼

【超・大金運グッズ】トイレに飾って金運を招こう!