宝塚の舞台裏に「ブスの25箇条」という1枚の紙が貼っていることを知っている方も多いでしょう。

 

そのブスの25箇条は、ブスといいながらも、ほとんどがその人の所作、振る舞いや心がけに関するものです。

その人の魅力や美しさなどは、外見の良し悪しではなく、自然に表れる振る舞いに出ます。

「心」と「振舞」、本当の美しさとはこの二つが結ばれた時、初めて醸し出されるものなのでしょう。

これこそが宝塚の素晴らしさといえます。

 

「~するな」と否定的な表現をすると、脳はかえってそちらを意識してしまうので、肯定的な表現に変えています。

 

タカラジェンヌの様な美しさを手に入れたい方は、是非このブスの25箇条を参考にしてみてください。

 

  1. いつも笑顔
  2. いつもお礼をきちんと言える
  3. 美味しく頂く
  4. 精気に満ちている
  5. 自信をもって生きる
  6. 前向きなことを話す
  7. 希望や信念を高く持つ
  8. いつも周囲に感謝
  9. 謙虚な気持ち
  10. 声が通り、堂々と振る舞う
  11. 感受性が強い
  12. 他人の良いところを見つけて伝える
  13. 目に力があり輝いている
  14. いつも口角を上げるように意識する
  15. 自己責任を意識して過ごす
  16. 他人を尊敬し大切にする
  17. ポジティブに物事を考える
  18. 問題意識をしっかりと持っている
  19. 自分よりも周囲に気を配り尽くす
  20. 他人を信じる心を持つ
  21. アドバイスや忠告を真摯に受け止める
  22. 謙虚でありながらへりくだらない
  23. 人生にも仕事にも意欲的に関わる
  24. 相手の気持ちを汲んで真意をくみ取れる
  25. 周囲を明るく変える「言葉と振る舞い」を心がける

宝塚に入ったら誰でも美人になれるわけでも、ブスでなくなるわけでもありません。

 

大事なことは常に厳しく心掛け、その所作振舞が変わらなければ、「ブスになる」「ブサイクのまま」と教えているのでしょう。

 

スマートに物事は解決できません。言葉だけ、口先だけというのは何よりも格好悪いことですよね。

 

良い心と振舞が今後の人生に大きく関わってくることを知り、毎日の鍛錬に役立ててまいりましょう。