枕の方角はチャージしたい運気ごとに変えるのがおすすめ!

 

普段何気なく寝ている枕の方角。

部屋の構造上

室内の環境

などで、何となく寝ている方向を決めている方も多いかと思いますが、普段寝ている方角はその人の運気にも大きな影響を与えます。

 

睡眠時間は1日の3分の1ほど費やしますので、その影響力も実は大きいのです。

 

ご自身の現在の状況や、取り入れたい運気ごとに枕の方角を変えるのがおすすめですよ。

 

 

健康運なら北枕がおすすめ

 

よく北枕は縁起が悪いと聞きますが、風水的には

北枕で寝ることは最も良いとされています。

 

エネルギーは北から南へ流れていきますので、北枕で寝ることは睡眠中に頭からエネルギーを入れ、足から出ていく最適の方向。

 

北から南へ流れる自然の流れと、頭から足へ流れる体の気の流れが合うのでスムーズに気が入れ替わり、健康運アップにも繋がります。

 

その為、風水では、

 

北枕で寝るのが最も良く

 

南枕で寝るのが最も悪い

 

とされています。

 

 

金運アップなら西枕がおすすめ

 

金運や財運など、金運パワーは西の方角に宿ります。

 

その為、金運を上げたい方は西枕で寝ることがおすすめです

 

西枕で寝ることで、睡眠中に金運をチャージすることができます。

 

また、西には「安定」のイメージもあり、既に成功している人の仕事を安定させる効果も期待できます。

 

これからガンガン稼いでいきたい人、収入を安定させたい人にオススメの方角です。

 

 

仕事運、勉強運なら東枕

東はご存知、太陽の昇る方角です。

 

その為、東には、発展、成長などを促すパワーがあります。

 

東の方角に頭を向けて寝ると、仕事運、勉強運アップの期待大。

 

仕事で成果を出したい方や受験生はもちろん、

資格試験、国家試験、面接、就職試験などを控えている方にもおすすめです。

 

特に、東枕は若い人にピッタリの方角です。

 

 

恋愛運なら東南枕

発展の気を持つ「東」と、明るいイメージの「南」を持つ東南の方角は、恋愛に大きな影響があるとされている方角です。

東南枕は、恋愛運アップ、愛を育みたい方、素敵な出会いを求めている方に特におススメの方角です。

 

また、人間関係や商売繁盛にも良いとされておりますので、職場の人間関係に悩んでいる方、商売繁盛を望む方にも良いですよ。

 

 

 

南枕はNG

 

枕の方角は、基本的にはどの方角で寝ても様々な恩恵を受けることは出来ますが、真南で寝ることだけは控えてください。

南はエネルギーが溢れる方角なので、南枕で寝ると睡眠中の休息を邪魔してしまいがちです。

 

その為、

睡眠が浅くなり疲れが抜けない

朝スッキリ起きられない

日中に気が散りやすくなる

などの弊害が出やすくなります。

 

できれば、南枕だけは避けるようにしてください。

 

 

こっちもお薦め記事です